「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

手術直後

手術が終わり、ベッドを押されて病棟のナースステーションの横の部屋に移動してきました。
その部屋で嫁さんと顔を合わせ、一言目に

「痛い~」

と小声で言ったそうです。私は覚えていないんですけど。
後日聞いた話では、当初6時間の予定が2時間延びたため、嫁さんも何かあったんじゃないかとかなり心配したそうです。
術後の先生からの説明で、胃の周りのリンパに脂肪が巻いていて、それを傷つけずにリンパを切除するのに時間がかかったということでした。

その後も私が「暑い」「寒い」「痛い」などいろいろ言うので、嫁さんがその晩は泊まってくれました。
全身麻酔の影響もあったのかどうかわかりませんが、寝たり起きたりの繰り返しでした。
その時の私の状況はというと、

鼻には胃までつながったチューブが刺さり、口には酸素マスク、右のお腹にもチューブが刺さり、右手に点滴、そして尿道カテーテル、足にはエアーフットマッサージ。
といった状態でした。
手術前から、この状態がつらいなあと思っていたのですが、正直これをつらいと思うほど余裕もなかったです。

手術の翌朝には、鼻とお腹のチューブは抜いてくれました。
そして酸素とフットマッサージも外れ、自分の部屋に歩いて帰ることになりました。
本当に歩けるの?と思いましたが、歩けました。
痛みは想像していたよりも痛かったですが、行った手術のことを考えるとかなり痛み止めが効いていると思えました。
[PR]
by nabe_tkm | 2013-10-09 20:51 | 手術 | Comments(0)