「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

術後6ヶ月から7ヶ月目

手術前にピロリ菌除去のための薬を飲んでおり、手術後3ヶ月位してから尿素呼気試験法による
ピロリ菌があるかないかの検査をしました。
基準は2.5‰(パーミル)以下で陰性。
結果は2.6‰でアウト。
先生からは「どうする?」と言われましたが、
私「もう一回やりますよ」というわけで再度薬を飲みました。
お酒も飲みだしていたので、2週間の禁酒は嫌でしたが頑張りました。
そして再度尿素吸気試験を行い、その結果を6ヶ月の診察時に聞きました。
結果は
先生「お~、0やね。綺麗になくなってる。」
私「0っていうことあるんですか?」
先生「あんまりないね。ほんまかな(笑)まあ、次回胃カメラやった時に細胞もとるから
   その時にも調べましょ。すぐわかるから。」
とうわけで、一応ピロリ菌はなくなったようです。
これをもっと早くやっておけば胃を切る必要もなかったかも・・・・。
やはり、知っておかないと損することも多いです。
子供達には早めに検査させようと思います。

術後6ヶ月を過ぎて体調はいたって良好です。
たまに胸焼けはありますが、ヨーグルトを飲めば治まる程度。
先日は5日間の中国出張にも行って来ました。
中国の我が社のスタッフからは
「中国ではまずそんな早期で発見されないですよ」
と驚かれました。
アテンドした得意先の方も
「え~、6ヶ月で、いいんですか!」
と、そんな感じでした。
自分自身は普通ですし、会社のみんなもいたって普通に接してくれるので、食事の時以外は
自分でも忘れています。



















[PR]
by nabe_tkm | 2014-03-25 10:26 | 通常生活 | Comments(0)