「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

忘れるという事

先日術後2年半の検査がありました。
検査と言っても血液検査と検尿と問診だけですが。
結果は問題なし。
次の精密検査は9月。
これで3年になります。

最近の私の体調はといいますと、あまり変化がありません。
良くもなってなければ、悪くもならない感じです。
たまに起こる逆流性食道炎。
突発的に起こる便意。
これはいつもと同じ感じで起こります。
でも、食欲はありますし、おいしく食べれます。
1月から4月の間に体重が2キロ太った時期がありました。
体重が62キロで安定してからは体重を計る回数もめっきり減ったのですが、
なんとなく見た目がふっくらしたような気がしたので計ってみると64キロになっていました。
これには少し驚きましたが、翌週計るとまた62キロに戻っていました。
特に食べる量には変化がないのですが・・・・。
あれはいったいなんだったのかよくわかりません。

最近思うのは、胃がんになる前や手術後の事などをいろいろ忘れていることです。
この前は、自分が行った手術の方法「幽門保存胃切除術」という言葉を思い出せませんでした。
歳のせいかもしれませんが、ブログ書いといて良かった(笑)

あと、胃を切る前にはどれくらいの食事量だったのかということは意識しなくなりました。
以前は「前はもっと食べられたのに」「必ず大盛り食べてたのに」など術前と比べて
食事の度にがっかりすることが多かったのですが、それは一切なくなりました。
おそらく忘れてるんだと思います。
そのためか最近は体の回復よりも精神面の回復の方が実感できます。
何年後かには胃がんになった事も忘れる日が来るのでしょうか。

※初めて当ブログをご覧になられた方はこちら↓
 私の症状です。

[PR]
Commented by tosi at 2016-06-04 07:20 x
nabeさん 初めまして tosiと申します。
2014年8月にnabeさんと全く同じ状況で手術をしました。私も癌の宣告を受けた時から
ずーっとこのブログを読ませていただいています。内気なもんでなかなかコメント書きませんでした。
手術についてはnabeさんが少し先輩なので術後の経過を読んでいると私も同じ結果になっているので
読みながらにんまりしています。
パソコンの書き込み無精といいますか、いつも見るだけでした。
今の私は「もうすぐこうなりますよ」と教えてもらっているような気がします。
そっくりコピーして私のブログにしたいような気がします。
どうぞこれからも よろしくお願いいたします。
Commented by nabe_tkm at 2016-06-05 11:47
toshiさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
私と同じ状況なんですね。
ブログを書き始めたきっかけのひとつに、
「私と同じケースの闘病ブログがなかったから」
というのがあります。
やはり胃がんと言ってもいろんな種類がありますし、手術の方法や胃を切る部位や大きさ、抗がん剤を服用するかどうかによっても全く変わってくるので、私と同じケースの方の参考になればと思って書いてます。
そんな感じなのでお役に立てているのであれば、うれしいです。
今後ともよろしくお願いします。
by nabe_tkm | 2016-05-07 18:29 | 通常生活 | Comments(2)