「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

3年目 胃カメラ検査と結果

CTの次は、なんどやっても苦手な胃カメラです。
順番待ちしている方はほとんど60か70歳以上のようです。
改めて自分が若くして胃がんになったことを再認識しました。
しばらく待つと私の順番になり、内視鏡科の先生から
「去年は結構つらい思いされたみたいですね。できるだけ早く終わるようにしますからね。麻酔のスプレーも1回多めにしときましょう」
と言ってスプレー式の麻酔をもうワンプッシュしてくれました。
なんとなくわかっていましたが私は胃カメラに向いていない体質なんですね。
順番待ちしているときに終わって出てくる人が私みたいに辛がっていないのが不思議だったんです。
でも私が辛がっていたというのが去年の先生から引き継がれているんですね(笑)
今回はいつもの若い男性の看護師さんではなく、年配の女性の看護師さんでした。
動きがきびきびしており、ベテランという感じでした。
いつもの看護師さんは、私が苦しそうにしていると、
「もう少しですからね~、頑張ってくださいね~」
と背中をさすりながらやさしく声をかけてくれました。
今回の看護師さんは終始無言。
背中をさすることも無し。
声掛けは先生がしてくれていました。
でもこれが良かった。
今まで背中をさすられる度にえづいていたので、もしかするとそれが原因か?
とも思っていたこともあり、今回はっきりしました。
背中をさすられなかったらそこまで気持ち悪くない!
先生からも
「今回は比較的楽そうでしたね。麻酔が効いたかな?」
と言っていましたが、
「いやいやちがいます、看護師さんのノータッチがよかったんですよ」
とは言えず、ひとり納得しながら胃カメラが無事終わったのでした。

すべての検査が終わり、後日結果を聞きましたが「問題なし」という事で3年目の検査も無事終わりました。

※初めて当ブログをご覧になられた方は
私の病状です。










[PR]
by nabe_tkm | 2016-10-27 17:51 | 通常生活 | Comments(0)