「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

術後10日~22日(自宅療養2週間)

「退院後、何日間自宅療養するのか?」

これはには少し悩みました。

体のことを考えるとできるだけ長く休みたい。
仕事のことを考えると早く戻った方がいい。

先生に聞くと、
「回復も個人差があるし、仕事の内容もそれぞれバラバラ。一概に何日は絶対休みなさいとは言えませんね。
肉体労働の方に退院後から働けと言っても体が動かへんし、事務職だったら翌日からでも可能やしね。」

ごもっとも。
私としては「1ヶ月は絶対休みなさい!」という言葉を期待してたと思います。
その方が踏ん切りがつくから。

2週間後に仕事上絶対出社しないといけない日が1日あったので、その日にどうするか考える。
「とりあえず2週間は自宅療養で休みます」
ということで会社にも報告して休みました。
入院前の最終日に、自宅でも仕事ができるようにメモリーにデータをコピーしましたが、それを会社にわすれてきてしまいました。
それもあってか、いざ自宅療養に入ると仕事のスイッチは一度も入りませんでした(笑)

では自宅療養中何をしていたかというと、「主には食べることのリハビリ」「体力の回復」です。
食事については奥さんがかなり気を使っていろいろ工夫して作ってくれました。
これは食べてはいけないという制約はないのですが、食べるとあとで苦しくなるような物は避けました。
生物や揚げ物は避けてましたが、油ののったサバや鮭もあとで苦しかったですね。
よく噛んで食べることを心がけていたので、うどんを食べるのが苦痛になりました。
うどんってあまり噛まずにのどごしで味わうものなんで、うどんを粉々になるまで噛んでるのが苦痛であまり食べなくなりました。
逆に噛めば噛むほど味わいの出てくるパンなどは、以前にも増して好きになりました。
奥さんがパンを焼く人なんで、それはお互い良かったです。

術後10日から22日まではどんな食生活かというと、ご飯はお茶碗に半分くらい、おかずは少しだけ。
一般的な定食の3分の1くらいでしょうか。
これだけでもかなりお腹は苦しい感じです。
幽門を残しているので、食べ詰まりになっているのがすごくわかります。
胃に入っているものが腸へ流れて行くと楽になるのですが、それには1時間半ほどかかりました。
おなかがすいたという感覚もあまりないので、落ち着いたところで間食。
ラスクやクッキー、ビスケット、チョコレートなどを食べてました。
最初はそれも良かったのですが、飽きてきますので、後半はパンなどが多かったです。
お酒は禁酒です。
というか、呑みたいという気持ちにならなかったです。
今から思うと本調子ではなかったんでしょうね。
でもダンピング症候群や、食べたものをもどしたりすることもなくすごせました。
これは噴門と幽門を残しているおかげだと思います。

そして、消化の促進と体力回復のためにウォーキングをはじめました。
最初は1kmくらいを夕食前に歩いていました。
後半は30分位歩いて折り返すという事を繰り返していたら、1時間で5~6km歩いていました。
歩くのはいいのですが、小走りに走ると胃液が逆流してきて食道のあたりが焼けつくように痛くなります。
激しい運動はするなという合図だったのかもしれません。
毎日家の周りを歩いていても飽きてくるので、いろんなところに出かけました。


大神神社

b0305948_21563571.jpg




甘樫の丘

b0305948_21582256.jpg




曽爾高原

b0305948_21593455.jpg




長谷寺

b0305948_2205935.jpg




銀閣寺

b0305948_223474.jpg




こんな感じで、老後のような生活を送っていました。

そして術後21日目、術後初の診察です。
今回は、血液検査と切除した胃やリンパ節の生検結果の報告がありました。
結果は血液検査異常なし。生検の結果も転移は無しということでした。
「今までの実績から言っても、ほぼ完治と言っていいでしょう」
と先生から言ってもらえました。
これから5年間の病院通いは続きますが、これで一安心です。

「早期発見」

本当にこれにつきます。
胃がんは特にそう思います。
見つけてくれた健康診断の先生に感謝です。

体力的には戻ってきておりましたので、翌日から通常通り出勤することにしました。
というわけで、術後22日、退院後13日で出社です。
これが早いのかどうかわかりませんが、自分的には十分休めたと思います。


つづく。
[PR]
by nabe_tkm | 2013-12-09 11:16 | 自宅療養 | Comments(2)