「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

のどの違和感について

去年の12月の中頃、何かを飲み込むとのどに違和感があったので、これは風邪かなと思い葛根湯を飲んでいました。
しかし、その後もそこからその症状は良くなることも悪化することもなく、小康状態が続いていました。
そうこうしているうちに正月が来て、症状はあるものの気にすることもなくなっていたのですが、1月中頃に熱が出て2日間寝込みました。
風邪でした。その時はのどの違和感以上に体がつらかったのでそんな事もわすれていたのですが、風邪が治って数日してものどの違和感は以前と同じように残っていました。
「えっ、これいつからだったかな?」と思い返してみると、一カ月近くこの症状が続いていることに気が付きました。

「これは風邪の初期症状ではないな、もしかして・・・・・ガン?」
「いやいや、そんなことはない」

その問答を一週間くらい繰り返し、やっぱり病院へ行こうと決めました。

まず、どこの病院へ行くべきか?消化器内科か耳鼻咽喉科か?
違和感のある場所は首の付け根から指二本分くらい上の左側、つまり喉頭の下の方、ということは耳鼻咽喉科かな。
ということで地元の耳鼻咽喉科へ行きました。
会社帰りに寄ったため、時間的には診察最終時刻の10分前、すでに患者さんは誰もおらず、私だけの状態でした。

この病院には子供たちは何度も来ているのですが、私は初めてでした。
初診ということで問診票を記入することになったのですが、既往歴の欄に色々と病名があり、該当するところに丸を付けるようになっているのですが「胃がん」という病名がないため、「無し」で提出しようとしたのですが「胃潰瘍」があったので書いておいた方が良いだろうと思い「胃がん」と記入しました。

しばらく待つと名前を呼ばれ、診察室に通されました。
すると先生と看護師さん3人の緊張感がこちらに伝わってくるくらいピリピリした空気感がありました。
「今日一日の診察も終わったなという時にまた風邪の患者か~、と思ったら喉に違和感!胃がん経験者!なんだと~」
っていう感じです。
先生から
「胃がんを経験されているようですがいつですか?」
「その手術の方法は?内視鏡で取っただけ?それとも胃を切りました?」
「逆流性食道炎などの症状はありますか?」
と胃がんの事について矢継ぎ早に質問がありました。

おそらく、その胃がんが転移するがんなのか、そうでないがんなのかを知りたかったのだと思います。
がんの種類は印鑑細胞がん、3年前に手術を行い胃の3分の2を切除、9月の検診では転移はないと診断されていることを伝えました。

では見てみましょうということで鼻から覗いてくれたのですが、やはり見えないので内視鏡を使うことになりました。
鼻と喉から麻酔を行い、直径5mmくらいの管を鼻から喉に入れていきます。
口からの胃カメラと比べたら格段にこちらの方が楽です。
ちょうど、患部あたりに来たところで写真を何枚か撮って終了しました。
その間5分ほどでした。
その様子を録画もしていたようで、その映像を見ながら説明を受けました。

まず、違和感があるのは喉頭の下部の左側ということ。
そこには二つの穴と弁があり、左が口から通った食べ物が食道に流れる入口で、右が空気が通る穴ということでした。
今回違和感があるのは食べ物の通る穴の付近でしたが、そこを内視鏡で見る限り変わった様子はありませんでした。

先生の見解では
「がんや腫瘍はできていない。
違和感があるのが左の穴の付近という事から考えると逆流性食道炎による炎症でしょう。
当面、薬を飲んで逆流性食道炎にならないようにしていれば治まります。」
ということでした。
思い返せば12月の中旬に連日逆流性食道炎になっていたのを思い出しました。

私の場合、逆流性食道炎は月に2,3回しかならないのですが、なった時はのどの下の方が焼けるように痛くなり、のどが締め付けられたような感覚になります。
薬を飲んだりヨーグルトを飲んだりして対処するので、その状態もそんなに長くは続かないのですが、その時に普段使わないのどの筋肉を使っており、逆流性食道炎が治まった後も食べ物を飲み込んだ時にその部分が違和感を感じたのだと思います。
一度違和感に気付くと次から飲み込む時にその部分を意識してしまうので、不自然なのどの使い方になり余計にまた違和感が続くという負の連鎖の状態でした。

今回の診察で不安に感じていたところがすべて解決しました。
その後はのどを意識することもなくなると、のどの違和感も2日で消えていました。

「病は気から」

今回それを改めて実感しました。

※初めて当ブログをご覧になられた方は
→私の病状です。



























[PR]
by nabe_tkm | 2017-02-01 14:58 | 通常生活 | Comments(0)