「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

タグ:幽門保存胃切除術 ( 33 ) タグの人気記事

手術前日から手術まで

手術の前日。

午後から麻酔科の担当医、手術中の担当看護師さんなどが明日の説明を行いに来てくれます。
いよいよだなと言う感じです。
夕方には私の両親と嫁さんと4人でW先生からの最後の説明を受けました。
手術は翌日の11時からの予定。
眠れないかなと思いましたが、12時くらいには寝てしまっていました。

手術当日。
6時に起床。
絶食なのですることもなく、時間が来るのを待ちます。
この間に手術着に着替えます。パンツは履いています。
11時過ぎ、看護師さんが車椅子を押してお迎えに来ました。
ここの病院では車椅子で手術室まで行くルールみたいです。
一緒に付き添って来てくれた嫁さんとも手術室の前で別れ、部屋に入りました。
まだここは手術室ではなく、ここで車椅子を乗り換え、暖かいバスタオルをひざにかけてもらい、まだまだ奥に進んで行きます。
いくつかの部屋や廊下を通り過ぎ、私の手術を行う部屋にやってきました。
想像していたよりも広く、近代的な設備の整った無機質な部屋でした。
W先生から
「いよいよですね。頑張りましょか。」
と声を掛けてもらい、先生達はモニターを眺めながら打ち合わせを始めました。
私は手術台の上に自分で上がって仰向けに寝そべり、左手に血圧、右手の甲の血管に麻酔の針を刺します。
私の場合、あまり血管が浮き出ていないので、なかなかうまく刺さりません。
2回くらい刺し直していたでしょうか、結構痛かったですがこれからの手術のことを考えるとあまり気になりませでした。
それでも刺さらなかったので看護師さんが
「針を刺しやすくするためにこれを吸ってください」
と言って酸素マスクのような物を口元に持ってきました。
これは口から吸う麻酔だなと思って吸っていましたが、なかなか落ちません。
うわさでは一瞬で眠くなると聞いていたのにな~と思っていたら落ちてしまいました。

「終わりましたよ~」

誰かの声で目覚めました。
私は押されて移動するベッドの上で手術室の扉を出るところでした。
扉の横からW先生が出てきて

「予定通り終わりました。2時間オーバーしましたけどね。」

私はもうろうとした意識の中で、

「2時間オーバーという事は8時間か。そんなに眠っていたのか。」

とそんな事を考えていました。
[PR]
by nabe_tkm | 2013-10-09 16:42 | 手術 | Comments(0)

クリッピング

いよいよ入院当日。
午後からがんの位置をわかりやすくするために、内視鏡で胃の壁にクリップを打ち付ける検査がありました。
なにそれ?と思ったので私も先生に聞きました。
先生が言うには

「がんの場所はいろんな検査でわかっていますが、手術の時に切る場所を間違わないために、がんの位置から上と下の部分に内視鏡でクリップを打つんです。そして、手術中に胃を手で触ってそのクリップを確認しその外側を切断する。そうすると絶対間違いがありませんので。」

「なるほど~。でも胃にそんな物つけて痛くないんですか?その後ご飯を食べてもいいんですか?」

「チタンの小さいクリップみたいなもので胃の壁をガチッとはさみます。全然痛くないですし、ご飯もたべれます。」

「でも胃を触るっておっしゃいましたけど、私の場合腹腔鏡でやるのにさわれないのでは・・・・?」

「腹腔鏡でも胃を切る時はおへその上を5センチくらい切って、そこから胃を引っ張り出し、手で切ります。だから胃を触ってクリップの感触を確認してから切るんです。もちろん縫うのも手で縫います。」

「え~~~、そうだったんですか!全部お腹の中で行うのかと思ってました。」

「そうそう、その時に下側のクリップの位置が幽門から4センチ無い場合は幽門も切除することになります。というのも、幽門を温存するには幽門から4センチ以上必要なんです。だから手術中も幽門からクリップまでの位置をメジャーで測って確認します。」

この時に思い出しました。
最初の胃カメラ検査の時に、内視鏡科の先生が
「7センチ」
と言ったのはこの事で、これが3センチだったら幽門温存手術はできなかったということがこの時わかりました。

そしてクリッピングの時、担当医のW先生も立ち会ってくれました。
前回の長時間の胃カメラとは違い、クリップを打つだけでしたのですぐに終わり比較的楽でした。
クリップを打つ瞬間は違和感はありあしたけど、痛みも全くありませんでした。
作業中の先生の会話を聞いていると、

「あ~、大丈夫。全然余裕あるわ。」

とか言っていたので、一安心です。
[PR]
by nabe_tkm | 2013-10-09 16:21 | 術前検査 | Comments(0)

手術方法決定

一通りの検査も終了した8月中旬、消化器外科での診察がありました。
そして、手術の方法が伝えられる日です。

この時点でがんの宣告から1ヶ月以上経っていますので、いろいろ情報を得ていました。
私の希望はできるだけ胃を温存する「幽門保存胃切除術」でした。
やはり術後の後遺症は少ない方がいいからです。
病院のHPを見る限り、何年も前から機能温存手術を推奨しているようでしたし、私のがんの状況からもできるのではないかと期待を寄せていました。
開腹か腹腔鏡かについては、どちらでもいいかという感じでした。
というのも、腹腔鏡手術に対しての不安もありましたし、傷痕が残っても別にかまわないと思っていたからです。

そして、当日が来ました。
M先生から伝えられた言葉は

「胃の中心部分を輪切りにしてつなぐ、幽門保存胃切除術を行いましょう、腹腔鏡で。*nabeさんの場合は転移の可能性もないと思われますし、これから先の生活のことを考えると幽門とそれに係わる迷走神経を残した方がいいと思います。」

まさに希望どおりでした。
でもこの手術もメリットばかりではないと言われました。
というのも幽門を残してはいるが、胃を切る前のように幽門が動かないため、胃から腸に食べた物が流れて行かない、食べ詰まりの症状が長く続くからだそうです。
この症状も、3ヶ月で回復する人もいれば、2,3年かかる人もいるらしく、高齢の方にはお勧めしていないそうでした。

そして腹腔鏡下手術についてですが、もしM先生が

「どちらにしますか?」

と言うような聞き方をしたのであれば、

「開腹で」

と応えていたかもしれませんが、

「腹腔鏡でやりましょう。大丈夫ですよ、ここの病院では昔からやってますから。その方が術後の痛みも少ないです。」

と言い切ってくれたので腹腔鏡下手術に対する不安はなくなりました。

今までのもやもやが吹き飛んだ1日でした。
[PR]
by nabe_tkm | 2013-10-04 22:36 | 入院前 | Comments(0)