「残念ながら、胃がんです。」

igandes.exblog.jp

大腸内視鏡検査

前回の2月の問診時に主治医から
「大腸の内視鏡検査を受けたことがないなら、そろそろ受けてみたら」
と言われていたのですが、そんなことも忘れて過ごしていました。
すると、7月中旬くらいに会社関係の方何人かに
「瘦せたんじゃない?」
と言われるようになりました。
実際、ベルトもごそごそになってきて何回か切って調節したり、調節できないベルトは穴をあけました。
気になって体重を測ってみたら、62~63キロだった体重が60.5~61.5キロに減っていました。
自分の感覚としては食欲もあって量もそこそこ食べてるし、病気もせず絶好調なんですが、
実際にそれだけ体重が減るとやっぱり気になります。
その時に、主治医の言葉を思い出し、大腸の内視鏡検査を受けてみることにしました。
さあ、どこで受けるか。
できれば楽な方がいい。
いろいろリサーチした結果、奥さんの友人が受けた病院で受けることにしました。
そこは麻酔で半分寝ているような状態にした上で検査をしてくれるので、痛みや気持ち悪さもなく、
起こされた時には検査が終わっているらしく、楽が一番ということでそこに決めました。
一度病院に行って問診を受け、検査の説明と検査日を決めます。
検査当日の朝、病院からもらった下剤に水を入れ、1.8リットルを2時間で飲み干すという苦行を行います。
家を出る前に腸内をきれいにし、病院に着いた頃にはいつでも検査できる状態にしておきます。
そして、いざ検査です。
左手に点滴をセットし、麻酔を注入していきます。
「2分くらいでボーっとしてきますよ~」
と言われましたが、30秒くらいで眠ってしまいました。
次の瞬間、看護婦さんに肩をたたかれて起こされた時には検査が終了し、違う部屋で寝ていました。
検査室からその部屋まで自分で歩いて来たそうですが、全く記憶にありませんでした。
その間約15分くらいです。
しばらく受付で待った後、先生から説明がありました。
結果は特に問題なし。
こんな楽ならもっと早くやっとけばよかったというのが率直な感想です。
では、なぜ痩せたのか?
それは今もわかっていません。

実はこの時、奥さんも同じ検査を受けました。
予想に反して奥さんに1センチくらいのポリープが見つかり、検査時に除去してもらいました。
そのポリープを病理組織検査に出し、後日結果を聞きに行くことになりました。

つづく

※初めて当ブログをご覧になられた方は →私の症状です










[PR]
by nabe_tkm | 2018-09-02 12:53 | 大腸内視鏡検査